みんな難易度の低い人生なんか生きて楽しいのだろうか?

 

どうも、ソロ充ライターのおとくです。

 

“オトク”

先日ある投稿を目にして、

それに思ったことがあったので

以下のようなツイートをしました。

 

「学生時代に遊んでおけ」なんて本気で信じてたら、人生詰んだも同然。若いうちから行動しておけば、人生の難易度はぐっと下がります。今は大学生で起業なんて当たり前。中学生社長も珍しくなくなった時代ですから、何も考えずに遊んでたらそりゃ負け確定ですわなw

 

※別に個人を批判したいわけじゃないので、埋め込みは控えています。

 


今回は、大学生や新社会人の人に向けて、「自分への投資」をする意味と、人生の難易度という言葉について話していきます。

 

そもそも難易度の低い人生って?

 

おそらく元ツイ主は以下のようなことを言いたかったのかな?と僕は解釈しています。

 

「学生時代は遊んでおけ」ということを言う大人は、今を楽しめていないだけ。そんな大人の共通点は学生時代に何も考えずに遊んでいることだから、あなたは遊ばずに積み上げましょう。

 

“オトク”

もちろん、いつまでたっても

人生は楽しいに越したことは

ないですよね?

 

そう言う意味で捉えたなら納得もできます。

 

僕は、人生の難易度という言葉を、以下のように解釈しています。

 

人生の難易度

・経済的な難易度

・考えや行動力的な難易度

・人脈的な難易度

 

確かに今では、中学生や高校生で起業することも珍しくはなくなっているのかもしれません。小学生でYouTuberをしている人もいますしね。

 

ブログやYouTube、SNSを筆頭に誰でもビジネスを行えるようになったことで、人生の難易度を下げやすくなっていると思います。

 

人生の難易度は低い方がいいのか?

 

僕がこのツイートに違和感を覚えたのは、「人生の難易度を下げること」=「幸せな人生を送ること」のように書かれていたからです。

 

確かに、お金持ちだったり、物事を考える力は人生をより良くさせてくれるでしょう。しかし、別にその為に何か起業したり、ビジネスを始める訳ではないと思います。

 

“オトク”

人生の難易度を下げる為に

行動したり、勉強してると、

本当にやりたいことが見えなく

なってしまうんじゃないかな?

 

もちろん、僕も大学生の時から少しだけ、ブログやSNSなどで事業と言われるものをやっていましたが、結局はそこが引っ掛って今は、趣味程度で本気でやってます。

 

「人生の難易度」に対する結論は、若い時から本気で勉強したり、行動するのは良い事。でもそれは人生の難易度を下げる為ではない。という事だと思います。

 

新卒1年目の僕が言う「学生は本気で遊べ」

 

まだ22歳の新卒1年目の僕が言っても、説得力は少ないと思いますが、「学生時代に遊んでおけ」という言葉を信じても人生は詰みません。

 

むしろ僕は学生時代こそ、本気で全力で遊んで欲しいと思っています。

 

・自分が本気になれることがわかる

・本気の熱量と行動力が身につく

・本気の人には本気の人が集まる

 

以上3点の理由から、僕は大学時代もイベントやゲーム、仕事など様々なことで「本気で」遊びました。

 

今、まさに学生の人は、「本気で遊ぶ体験」をぜひ、積み上げて欲しいと思います。

 

“オトク”

もちろんそれは学生じゃなく

社会人になっても同じことです。

社会人は学生よりももっと遊べ。

これが僕なりの考えと答えです。

 

勝ち負け以外の世界でも生きて欲しい

 

もちろん勝ち負けというのは、人を熱くさせるし人生をより充実させたものにさせてくれるでしょう。

 

しかし、自分の時間や心の全てを勝ち負けに注いでしまったら、以下のようにしんどくなってしまうと思っています。

 

・本当の面白いが心から消える

・常に自分を攻め続ける必要がある

・誰かの存在なしじゃ自分に価値が残らない

 

そんな人生は、難易度が下がっているとしても楽しくないしワクワクしないので、あなたの中で少しだけでもいいから、勝ち負け以外の世界にも片足突っ込んで欲しいです。

 

“オトク”

僕にとってはこのメディアや、

文字を書いて表現することが

勝ち負けじゃない自分の世界

だと思っています^ ^

 

きっと僕たちは、誰かと比較される為でもなく、簡単な人生を生きる為でもなく、ただただ僕たちとしてこの世に存在する為に生まれていたんだと思うんだ。

 

じゃーそれを楽しもうよ。

 

ーーーーーーーーーー

基本的にはツイッターとインスタに生息しています。

シフト制会社員なので、仕事がない日に多く呟きます笑

気軽にフォローお待ちしております!✨

おとくのツイッターはこちら

おとくのインスタはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です