【会話の極意】コミュ障が身につけるべきコミュニケーションスキルとは?

 

どうも、人見知りカウンセラーのおとくです。

 

人見知り男子A

コミュ障で人と話す時に、

黙ったりどもったりしてしまう。

コミュ障を克服して楽しく会話する

ためにはどんなことが必要なんだ?

 

このような人の悩みを解決します。

 

この記事では以下のようなことに関して紹介します。

 

この記事で学べること

☑️コミュ障が身につけるべきスキル

 

僕ももともとコミュ障と人見知りでしたが、2d年前に克服して今では人見知りやコミュ障で悩んでいる人のコンサルやアドバイスをしています。

 

3分ほどで読めて、コミュ障に必要なコミュニケーションスキルを紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

コミュ障克服にはスキル取得が一番の解決策

 

コミュ障になる原因に関しては以下の3つがあります。

 

コミュ障になる原因

☑️自己肯定感が著しく低い

☑️コミュニケーション能力が低い

☑️トラウマやコンプレックスなど

 

この3つを克服するということが、コミュ障を克服するということです。

 

つまり、自己肯定感を上げて、コミュニケーションスキルをつけて、過去との向き合い方を変えることが必要になるのです。

 

“オトク”

その中でも特に

コミュニケーションスキルの向上は

コミュ障克服で大きな要素です。

 

なぜかというと、コミュ障克服に働く行動として以下の2つがあげられるからです。

 

☑️小さな成功体験

☑️成長を実感すること

 

とても抽象的ですが、この2つを満たす行為がコミュニケーションスキルの向上ということです。

 

『すぐにできるスキルを知る→それを実行する→自分にもできたと自己肯定感が上がる→成長を実感する』という流れで自分への自信を取り戻します。

 

行動できない大きな理由は、「もしかしたら失敗するかもしれない」という恐怖心から来ているので、スキルを身につけることで、できることの幅を広くすることができます。

 

コミュ障が取得するべきスキル3選

 

コミュ障を克服するために、取得するべきスキルは以下の通りです。

 

コミュ障を克服するために重要なスキル

☑️質問するスキル

☑️感情を出して共感するスキル

☑️話題を作り上げるスキル

 

まずは、コミュ障克服をするためにあなたが身につけるべきスキルが以上の3つです。

 

特に質問・共感に関しては、コミュニケーションの中でも基本になる、とても大事なスキルなので、必ず読んで実践してみてください。

 

質問するスキル

 

コミュニケーションにおいて、喋るのが苦手な人が無理に自分の話ばかりをだらだら話していたら、相手からつまらないと思われます。

 

そこで重要なのが、質問するスキルです。

 

☑️相手のことを知る(趣味・嗜好)

☑️会話を引き出す質問

☑️質問への回答から質問を繋げる

 

以上のような意識が重要になってきます。

 

“オトク”

もちろん毎回質問ばかりをしていたら

自分ばかり喋ってるな…と思われますが

適度に質問を入れて会話を構成することで

とてもリズム感のいい会話になるんです。

 

人見知り男子A

実際にはどんな

コミュニケーションスキルを

使って会話を構成するの?

 

まず覚えるべきなのは、『オープンクエスチョン』と『広め、深める話術』です。

 

オープンクエスチョンについては、以下の関連記事をみて実践してみてください。

 

関連記事:『人見知りでも好かれる話し方とは?』

 

『広め、深める会話術』というのは、返って来た返答に対して、その質問をさらに深めて質問をするかそこから広げて質問をするか?ということです。

 

では一度例をみてみましょう。

 

人見知り女子A
〇〇くんって好きな食べ物何?

 

人見知り男子A

う〜んそうだな〜

僕はカレーとラーメンが好きかな!

 

人見知り女子A

あぁ〜そうなんだ〜

結構外でカレーとか食べるの?

 

人見知り男子A

うんそうだね!

この前も〇〇というカレー屋に

行ってカツカレーを食べたけど、

めっちゃ美味しかったよ!

 

人見知り女子A

そうなんだ!いいね!

私も行きたいから今度一緒にいこ!

ちなみに〇〇くん自分でご飯とか

作ったりするの??

 

この会話の中の質問に、会話を深めると会話を広げるが出て来ました。

 

まずは最初のオープンクエスチョンをして、次に回答に関して深める質問(結構外でカレーとか食べるの?)があって、広げる質問(自分でご飯とか作ったりするの?)に繋がります。

 

以上のような質問の幅を広げることで、会話にも自信が出て来て、楽しい会話をすることができるでしょう。

 

感情を出して共感するスキル

 

共感も質問と同じように、重要なスキルの1つです。

 

一般的に共感といえば、以下のようにことが浮かびます。

 

☑️同調すること

☑️相槌を打つこと

☑️相手の内容を繰り返すこと

 

このスキルを根本に、感情を上乗せして共感するということを意識するといいでしょう。

 

感情を上乗せして共感する時に重要なのが、具体的に話すことです。以下の関連記事で確認してください。

 

関連記事:『コミュ障で話し方が下手な人は抽象的。話が上手い人の話の構成とは?』

 

“オトク”

人を褒める時も具体的に褒める

ことを意識するといいでしょう。

 

話題を作り上げるスキル

 

話題を作り上げることも、コミュニケーションにおいて重要なスキルです。

 

☑️会話の話題を作る

☑️質問をする

☑️広げる・深める

 

このような流れを進めることで、会話のテンプレートができれば、いざという時に自然に会話を展開することができます。

 

話題に関しては、以下の関連記事を確認してみてください。王道で雑談をする時に使える話題を5つほど用意しています。

 

関連記事:『【人見知りがひどい…】あなたの悩みを解決するたった1つのテクニック』

 

話題に関するスキルで有名なのは『たちつてとなかにはいれ』ですね。

 

 

今回のまとめ!

 

さて、今回はコミュ障で困っている人に向けて、一番重要な会話スキルに関する話をしてきました。

 

質問・共感・話題作りに関しては、本当に基礎のスキルで重要になるので、意識しながら行動に移してみて下さい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事を読んだ人にはこちらの記事もオススメです。

 

👉コミュ障はなぜ挨拶できないのか?元コミュ障が理由と対策徹底解説

👉【自信がない人へ】声が小さくなる原因と解決方法を紹介

 

 


人間関係ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です