人見知りは悪いことか?事実と解釈でのみわかること

 

どうも、人見知りカウンセラーのおとくです。

 

人見知り男子A

自分は人見知りで自分が

好きになれません。

周りに比べて劣等感を感じて

コンプレックスの塊のようです。

こんな自分はもう一生、

人見知りなのでしょうか?

 

このような人の悩みを解決していきます。

 

この記事では以下のようなことを紹介します。

 

この記事で学べること

☑️人見知りは悪いことか

☑️どのような思考をすればいいのか

 

僕ももともとコミュ障と人見知りでしたが、2年前に克服して今では人見知りやコミュ障で悩んでいる人のコンサルやアドバイスをしています。

 

3分ほどで読めて、人見知りというあなたの悩みが悪いことなのかを詳しく説明するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

人見知りを悪いことにしているのは自分?

 

人見知りだから「友達ができないし」「彼女ももちろんできないし」「自分を好いてくれる人はいない」と思っていませんか?

 

あなたのその人見知りという個性を武器ではなく、足に繋がれた鎖にしているのはあなた自身ということを知ってください。

 

事実ではなくて解釈

 

例えば『数学の点数が20点だった』という事実があったとしましょう。

 

そこで自分に自信がない人は、「自分には勉強は不得意なんだ」と自分のことを決めつけるようになってしまい、何か結果が出るたびに「自分は勉強が不得意だから」と言い訳します。

 

人見知りも同じです、ただの1つの事実をネガティブな解釈をしてあたかも事実として表現しているんです。

 

☑️初対面だと緊張する

☑️男なのに身長が低い

☑️女なのに女子力が低い

 

以上の事実は以下のように解釈することができます。

 

☑️新しい気持ちで人と接している

☑️相手に安心感を与えられる

☑️男の気持ちが一番わかる

 

“オトク”

ね?事実からの解釈の

方向性って大事ですよね?

あなたの悩んでいることは全て

事実ではなく解釈なのです。

 

人見知りも解釈の1

 

人見知りというのも、あなたのネガティブな解釈に過ぎません。

 

人は残念ながら、自分を客観的に見ることが難しいです。もちろん僕も完全に自分を客観視することはできません。

 

それは、相対的な世界に生きているからなんです。以下は全て相対的な事実に過ぎません。

 

☑️野球がうまい

☑️勉強ができる

☑️コミュニケーション能力が高い

 

全て、野球が下手な人や勉強ができない人、コミュ障や人見知りの人がいるからこそ出てくる相対的な事実です。

 

しかしこの相対的な事実に悩まされる人が多いのが、人見知り=悪いことというなっている一番の原因だと思います。

 

人見知りを悪いことにしないなら武器にしよう

 

本題の人見知りは悪いことか?ということですが、それはあなたの解釈によるというのが僕の答えです。

 

『人見知り=悪』ではなく『あなたの解釈が人見知りを悪にしている』という考えですね。

 

そして人見知り=悪と決まっているものではないのなら、あなたは解釈を変えるだけで、自分の人見知りという性格を武器にすることができます。

 

人見知りを武器にするための5ステップ

 

人見知りが悪いことと思っている人の為に解釈を変えて人見知りを武器にするための5ステップを紹介します。

 

内容は以下の通りです。

 

人見知りを武器にする5ステップ

☑️人見知りであることを認める

☑️その上で自分の長所を見つける

☑️同じ悩みの人を助ける

☑️自分の時間を大切にする

☑️少ない人数で楽しめるようになる

 

人見知りであることを認める

 

人見知りの人って結構プライドが高くて、「人見知りだから自分は好かれないんだ」と本質の自分はまだ否定されていないと思ってるんですよね。

 

「〇〇があれば」「このコンプレックスさえなければ…」と思っていては何も好転しませんので、まずは自分が人見知りなんだと認めましょう。

 

そこから、人見知りを克服するのか?人見知りのまま生きていくのか?を洗濯するんです。

 

その上で自分の長所を見つける

 

人見知り=悪という解釈がよくないということは話しましたが、このマイナスの解釈は克服しなければいけません。

 

☑️自分のことを知る

☑️長所を見つける

☑️その長所を伸ばす

 

以上のような思考は必ず必要になります、特に人見知りを認めて生きていくなら確実に必要です。

 

長所の見つけ方と伸ばし方に関しては以下の関連記事で紹介しています。

 

関連記事:『コミュ障の長所の見つけ方と伸ばし方』

 

同じ悩みの人を助ける

 

まぁこれは同じ悩みの人じゃなくてもいいですが、要は『人に優しくしましょう』ということです。

 

☑️人見知りが激しい

☑️コミュ障で会話が下手くそ

☑️自分に自信がなくてマイナス思考

 

上記のような今のあなたが持っている悩みを持っている人に優しくすることで、自分の短所だと思っていたことにも優しくすることができます。

 

人に優しくするということは、まずは自分に優しくなるということなんですね。

 

自分の時間を大事にする

 

人見知りで内向的な性格を認めて、そのまま生きていこうと決意したなら自分をもっと大切にしましょう。

 

☑️自分の思考を愛して

☑️一人の時間を愛して

☑️その時間でできることを増やす

 

上記のような努力は必要になります。

 

僕の場合は、アニメや映画を見たり、こうやって文章を書いている時間がとても有意義な時間です。

 

関連記事:『【やる気喪失】何にもやりたくない…そんなあなたに知って欲しい3つの法則』

 

少ない人数で楽しめるようになる

 

とはいえ、人間関係から解放されることはありません。仕事や学校、親戚、友達など様々な人間関係の中で人間は存在しています。

 

以下のようなことに気をつけてください。

 

☑️人と比べて劣等感を抱く

☑️相手に振り回されすぎる

☑️一人以外の時間は諦める

 

上記の行動や思考は、楽かもしれませんがあとあと人生が虚しく思えるようになります。

 

なので、好きな友達数人や会社での人間関係も最低限ストレスにならないように努力はしていきましょう。

 

今回のまとめ!

 

さて、今回は人見知りでネガティブな思考の人に、人見知りは悪いことなのか?ということについて話してきました。

 

人見知りも他のコンプレックスもただの解釈で事実は1つしかないので、ちゃんと自分を認めて生きていきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事を読んだ人にはこちらの記事もオススメです。

 

👉【コミュ障で生きるのが辛い人へ】そんなに自分を追い込まないでください。

👉【人見知り寂しい】と感じる人へ人間関係の最適化のススメ

 

 


人間関係ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です